仙台市内で痔の治療を受ける方法

日本人にとって身近な病気の1つとして、多くの方が経験したことのある病気が「痔」の症状です。この症状には大きく分けて二種類のパターンがあり、肛門の皮膚が切れてしまい出血や腫れが起こる場合と、便秘によりお通じがスムーズにいかなくなることで、トイレでいきむ時間が増えると肛門内で内痔核と呼ばれるイボができやすくなり、腫れや出血お通じの際に感じる激痛などが起こる場合の2つの症状です。主に前者の症状が多いと言われており、ドラッグストアなどで販売されている注入薬や塗り薬を塗ることで短期間で治癒させることが出来ますし、何よりお通じを改善することで肛門に負荷をかけにくくなるので、症状が和らぐようになります。後者の場合自分で治癒させるのは時間がかかるので病院に相談することが大切です。

肛門の病気が発症する原因を知る

そもそも肛門が切れてしまったり、肛門内にイボが出来てしまう状態が起こる原因の1つが、運動不足の方や長時間デスクワークを行って座る時間が多い方に多いと言われています。特に椅子に座っているとお尻の血行が悪くなることで血流が溜まりやすくなり、お尻に圧迫を常に与えている状態となるので排便をする際にいきむと、血管が切れてしまう悪循環となってしまうのです。
そのため一時間一度は椅子から立って、歩くようにしたりお尻を圧迫しない方法としてドーナッツ座布団などのクッションの真ん中に穴が空いているタイプの物をデスクチェアにおいて座るようにすると、お尻にかかる負荷を最小限に抑えることが出来るようになりおすすめです。
また定期的にお尻に力を入れる運動を行うようにするのも血行改善に効果があると言われています。

すぐに仙台の肛門内科に相談することが大切

排便の際に激痛を伴ったり、便器が真っ赤に染まるほど出血がある場合は自分でケアが出来る状態ではなくなってしまっているので、症状が更に悪化する前に仙台にある肛門内科クリニックなどの専門外来がある病院に受信することが重要となります。治療方法は医師が専用カメラを肛門に挿入して、中の状態を確認した上で薬に寄る治療を行うか、手術を行うか判断します。肛門が切れている程度であれば処方される注入薬と、便を柔らかくする専用の薬を処方される程度で済みますが、脱肛状態になってしまっているイボ痔は、すぐに専用手術を行う可能性がありますので、短期入院を行って手術を受ける用意をする必要がありますので、まずは医師に症状の確認と今後の治療方法について相談することが完治への近道となります。